skip to Main Content

デジタルは関係性を削ぐものではなく可視化するための有効手段

コロナによって働き方の変わり目に立っているわけですが、Beforeコロナまではアナログで成り立っていたところに、いざデジタルを活用した働き方へ移行するとなると壁も生じます。例えば「人となりを知る」ことができないというイメージを強く持たれる印象があります。

Goodpatch Anywhereが思う新しい時代に求められる組織 ~心理的安全性、組織変化の分岐点、報酬・評価制度~

僕らは、成功するための圧倒的なファクターは「心理的安全性」だと思っています。そして、この心理的安全性というのが、組織形成にも紐づくものであり、Afterコロナというようなこれからの新しい働き方の中でも重要になってくるでしょう。それを踏まえた上で、Goodpatch Anywhereが意識しながら取り組んでいることや、組織変化の分岐点、さらに評価制度というような組織の中身について掘り下げていきたいと思います。
Otera Stay

お寺が最高のテレワーク拠点になる!話題沸騰中「お寺ワーク」とは

テレワーク広がりの中、新たな注目拠点は「お寺」 地域コミュニティの中心であり、土地の歴史と魅力の染み込む「お寺」という場で仕事をする、学ぶ、新たなライフスタイル、「お寺ワーク」がテレワークの急速な広がりの中で注目を集めており、各メディアで取り上げられるなど広がりを見せている。
イベント0604

2020年6月4日 BRIGHT AT WORK ~アフターコロナでも成長する新しい働き方と組織作り~

緊急事態宣言を受け、多くの企業がオンライン会議やリモートなど、新しい働き方が急激に進んできました。今回は、緊急事態宣言に関わらず、新しい働き方をしながら、成長してきた先駆者の株式会社グッドパッチの齋藤 恵太氏と EDGE株式会社の佐原 資寛氏にご登壇をいただきました。 2社のお話に共通して出てきたキーワードは「心理的安全性」でした。オンラインでの社内会議や外部の方とのプロジェクト推進をされている中でも、社員や一緒に働く方々に対して、一人ひとりが大切にしていること・歩んでいきたいキャリアなどに向き合われているお話は、特に印象的でした。

リモートワーク

1ヶ月テレワークをして気づいたこと

2020年頭からの新型コロナウィルスの影響で、4/4に非常事態宣言が出され、可能なかぎりリモートワーク(テレワークとか在宅勤務とかいろいろ呼び方あるけど)が推奨されています。私も3月末頃から在宅勤務をしていますが、そこで思ったこと、感じたことを自分の記録として残しておこうと思います。時間が経ってリモートワークが当たり前の世の中になったら、大事にしたい内容も変わってくると思います。

「テレワーク先駆者百選」企業に選定されました。

総務省では、テレワークを推進するため平成27年度からテレワークの導入・活用を進めている企業・団体を「テレワーク先駆者」とし、その中から十分な実績を持つ企業等を「テレワーク先駆者百選」として公表しています。 平成29年度では、「テレワーク先駆者」14団体、「テレワーク先駆者百選」41団体が選ばれ、株式会社ガイアックスも選ばれました。

生命保険会社でテレワークはうまくいくのか? 明治安田生命に見る事例紹介

日産自動車株式会社がダイバーシティの推進を行っていると紹介しましたが、同じように明治安田生命もダイバーシティ・マネジメントを強化しています。社長である根岸秋男氏のメッセージによると、「人財を最大の経営資源の一つと位置付け、「人財力改革」に取り組んでいます。 なかでも、ダイバーシティ・マネジメントの強化をその柱の一つとして掲げ、女性をはじめとする多様な人財に幅広い活躍機会を提供するとともに、ひとつ上の役割発揮に向けてチャレンジする方には積極的な支援を行っています。」

【テレワークを始めるときに使いたいツール!13選】

近年、導入企業が増加しつつある「テレワーク」。テレワークをスムーズに行うためには、業務に適したツールの選定が必須です。 今回は、テレワークを実践する際に役に立つツールをご紹介します。 【他のメンバーとコミュニケーションを取るときに使えるツール7つ】

【実例から学ぶ!テレワーク導入好事例3選】

先日、菓子メーカー大手のカルビー株式会社が、2017年4月から、もともと2日までだったテレワーク日数の上限を撤廃し、毎日でも在宅勤務を可能とするというニュースが話題となりました。 テレワークという働き方は就業者、企業、社会にとってそれぞれメリットがあり、国も具体的な数値目標を立て、予算を投じて企業や団体への導入を促しています。既にテレワークを導入している企業は7.9%にとどまるなど、(情報通信白書)なかなか導入が進んでいません。
菅さん

【インタビュー】テレワークにみる働き方改革。大切なのは「幸せが生まれる関係性」

テレワークは「会社に出勤せず、自宅などのさまざまな場所で作業ができる」ことがメリットのひとつですが、他にもさまざまな効果をあげる可能性があります。それは個人の働き方だけではなく、部署全体に変化をもたらすことも。そこで今回は、テレワークによる働き方の改革について、ガイアックス ソーシャルメディアマーケティング事業部 事業部長の管大輔さんにお話をお伺いしました。
KV

テレワークで得られる効果を徹底解説

東京オリンピックが開催される2020年に向けて、政府はテレワークの導入を推奨しており、2020年までに、週1日以上在宅で働く「雇用型在宅型テレワーカー」の数を、全労働者数の10%以上にするという具体的な数値目標を掲げています。「雇用型在宅型テレワーカー」とは、自営業ではなく、会社や団体などに雇用されながら、在宅勤務などのテレワークを実施している労働者のことを指します。
KV

テレワークを実施している社員の労働時間管理ツール5選

働き方改革の一環として、また、2020年に開催される東京オリンピック時の混雑緩和に向け、政府が毎年7月24日を「テレワーク・デイ」と定めるなど、今後ますますの注目が予想されるテレワーク。 在宅勤務といったテレワークにおいては、上記のような通勤時の混雑緩和などのメリットがある一方、導入にあたり乗り越えなければならない課題も多く存在します。

【インタビュー】「パパ」にも子育ての喜びを。男性の育児休暇とリモートワーク

現在は夫も妻もフルで働く、共働きの家庭が珍しいものではなくなってきました。こうした背景の中で、男性の育児休暇取得について話題になることが多くなっています。 そこで今回は、男性の育児休暇取得とリモートワークについて、実際に育児休暇を取得された森田有哉さんにお話をお伺いしました。 子どもと一緒に過ごせる貴重な時間を失いたくない。育児休暇を取ったきっかけとは --森田さんは2回に分けて育児休暇を取得されたそうですが、何かきっかけがあったのでしょうか。

「働きすぎ」に要注意?テレワーク実践者から学ぶ、テレワークの注意点

「場所や時間にとらわれない働き方」として紹介されることが多いテレワークですが、その意味だけを切り取ると、前向きなイメージを思い浮かべがちです。国がメリットをアピールし、導入を推し進めているテレワークですが、総務省が発表する平成27年度版情報通信白書によると、導入している企業は7.9%にとどまっています。また、認知度については、企業で4割程度、就業者においては1割に満たないなど、普及が進んでいるとはいえません。

【インタビュー】社労士に聞くテレワーク導入における課題と対策

働き方改革の推進にともなって注目の集まるテレワークですが、実際に社内に取り入れるためには制度の面でさまざまな検討が必要になります。そこで、企業経営の「ヒト」に関する管理業務についての専門家、社会保険労務士の高松直紀さんに、テレワーク導入における社内制度の面での課題や対策をうかがっていきます。
KV

営業職に「テレワーク」は適しているか?

最近、オフィス以外の場所でIT機器を使って仕事をする「テレワーク」という働き方を導入する企業が増えてきました。 「テレワーク」にはどのような職種が向いているのか、今回は営業職に焦点を当てて考えます。 「テレワーク」を始めるまでに準備することまず、「テレワーク」を始めるにあたり準備することを考えてみます。
イベント

【イベントレポート】時間も場所も自由に働く!俺のこだわりリモートワーク!エンジニア交流会

4月26日、Nagatacho GRIDにてリモートワーク(テレワーク)をテーマとしたエンジニア交流会が開催されました。 リモートワークにおける働き方についてのノウハウ共有や、エンジニア同士のコミュニケーションを目的とした、当イベントの模様をレポートしていきます。司会の方よりイベントのプログラムが説明され、イベントスタート。 イベント前半は「俺のこだわりリモートワーク」というテーマで、4名の登壇者による発表が行われ、後半はイベント参加者が自由にコミュニケーションできる交流会となっています。

【インタビュー】海外にみる日本のテレワーク事情とは

日本では徐々にテレワーク推進の動きが広まりつつありますが、海外ではすでに十数年前から普及が始まっていたようです。 そこで今回は、海外におけるテレワークの実態や、今後日本でテレワークがどう展開していくのかなどを、 コミュニクラウド ジャパン株式会社の代表取締役・福田剛士さんにお伺いしました。 テレワークの普及率の違いは、そもそもの「働き方」の差にある?
KV

テレワーク(在宅勤務)における労務管理はどうするべき?

国が導入を促進し、徐々に拡がりをみせているテレワークですが、実際に導入するとなると運用面で不安を持つ企業は少なくありません。 総務省が発表している、平成27年度情報通信白書によると、テレワークを導入するにあたり、企業からみたテレワークの課題として、 「適正な労務管理」が行えるかどうかが、「情報セキュリティの確保」に次いで高い値となっています。テレワークでも、自宅などで業務を行う在宅勤務の場合、物理的に目が届かない状況で従業員の勤怠を管理しなければなりません。
KV

ツール活用がカギ テレワークにおける業務管理の具体的事例

在宅勤務などのテレワークにおける、マネジメントに関わるデメリットとして、従業員とコミュニケーションが取りにくくなることや、業務の進捗状況の把握や情報共有の難しさがあげられます。 管理者側にとっては、どのような方法で従業員とコミュニケーションをとるか、進捗管理や情報・データの共有をどう行うかというのは、業務プロセスをそれまでと変わりなく、あるいはそれ以上に遂行するうえでとても重要な課題です。

【インタビュー】介護をしながら働く在宅勤務の可能性

昨今、介護の必要から仕事を辞める「介護離職」の増加が懸念され、介護離職者は年間10万人以上にのぼるといいます。 今回、インタビューさせていただく株式会社ガイアックス デジタルコミュニケーション事業部で働くエンジニアの高野竜二さんも、その1人。実際に、介護がきっかけで離職された際の状況から、在宅テレワークでの勤務を経て、会社に復帰されるまでについてお話を伺っていきます。
Back To Top