skip to Main Content

働き方改革やコロナの流行により、企業が生き残るために、働き方の変化が求められる時代へ

会社やサービスが成長していくためには、「人材の獲得」は重要な要素です。

しかし、少子高齢化により生産人口は減少し、日本の企業はますます人材の獲得が難しくなっています。
そのため激化する採用市況の中で、「企業が人を選ぶ」というスタンスから「自社の求める人材に選ばれる企業」へと変わってきています。
企業側では、「優秀な人材に選ばれる企業」になるため、求人媒体に掲載し募集活動をするだけではなく、採用ブランディングといった取り組みもするようになりました。

更にこの数年で、「働き方の当たり前」は劇的に変化してきました。

安倍内閣によって主導された”働き方改革”により、残業削減、複業・副業、リモートワーク、外国人雇用など新しい働き方が推進されました。

また、従来はフルタイムの正社員が社員の大半を占めていましたが、人材不足のため、複業人材、時短人材、海外人材など多様な人材を受け入れないと生き残れなくなってきました。

また、2020年3月から流行したコロナウイルスの流行をうけ、社員の健康を守るため、リモートを導入したことがない企業もリモートを実施されました。「うちではリモートはできない」と言われていた会社でもリモートができることが証明され、結果的に「リモートで働くのが当たり前」となり、新しい働き方の導入が急速に進みました。

このように新しい働き方が当たり前になっていったため、従来の働き方のままだと、採用市場では「選ばれない企業」になりつつあります。そのため企業では、新しい働き方を取り入ることが急務となりました。

多様な働き方の推進と同時に、新しい人事課題が・・・

新しい働き方を導入すると同時に、従来の評価制度や人事制度では適用できなくなったり、業務フローやコミュニケーションスタイルの見直しも必要になります。結果、人事部や経営層では、新しい人事課題と向き合うことになりました。

残業削減やリモートワーク導入により、評価制度を始めとした人事制度の見直し

対面のコミュニケーションの減少によるチームビルディングへの課題

情報共有が難しくなり、社内で情報難民の発生

様々なITツールがある中で、自社にあったツールの選定の難しさ

ティール組織など、時代の変化に合わせた組織の進化への適応

リモートやティール組織などの新しい働き方・組織を支援するサービス

リモートでも、全社員にまんべんなく効率的にノウハウや情報を共有したい!

情報を全員に伝えるのが難しくなった。

ノウハウや情報が属人化しがち

スケジュール管理やワークフローなど社内に複数のツールがあり、使い分けやアカウント管理に手間がかかってしまっている。

Iqube

iQubeは10名まで無料で使えるクラウド型グループウェアです。社内ノウハウの蓄積に特化した15機能を実装。更に、スケジュール機能・ワークフロー機能もあり、一つのアカウントでiQube上に社内ノウハウをストックすることができ、情報が属人化しない働きやすい組織作りを促進します。

Airy Diversity Cloud

産休・育休や介護、傷病といった休業、海外赴任、出向などといった社員に対して、セキュリティ上の安全が確保されたシステム上で、効率的に情報を配信し不安を取り除くためのコミュニケーションを実現できます。

オンラインが当たり前になっても、チーム内の一体感は保ちたい!

リモートになり、チームや組織のことを話す数が減った

オンラインになって、チームビルディングが難しくなった

リモートという働き方に合わせて効果的なマネジメントをしたいが、そもそも組織の現状がわかっていない

Team Journey Supporter

ティール組織の理論に基づいた約50項目の「組織の強み」から自社の強み可視化します。更に、「レポート結果」とともに提供される「対話の手引」を元にチーム内の対話を促し、自社らしい自律的な組織進化を支援します。

リモートが当たり前になり、オンライン研修の仕組みづくりが必要になった・・・。

コンテンツを作らないといけないが、時間がない

オンライン研修だと、講師と参加者や参加者同士のコミュニケーションの数が減ってしまう

アンケートや提出物の回収の手間や管理が煩雑になった

日報等の共有機能、eラーニング、動画や漫画等による研修コンテンツの搭載、研修に関する案内の効率的な配信や、事前事後課題のオンラインでの提出管理を実装しています。

また、スマートフォンのアプリやPC、タブレットから簡単にアクセスできるため、専用の設備も必要ありません。また、タイムライン機能もあり、研修受講後には受講者同士がコミュニケーションをとることができます。

リモートを導入したいが、何からすればいいかわからない・・・。

たくさんオンライン会議ツールがあるけれども、どれがいいのかわからない

オンラインでの会議や研修をどのように運営したらいいかわからない

リモートでの勤怠管理・評価制度や福利厚生をどうすればいいのかわからない

リアルでの事業運営の良さを失わなせないリモートの導入

当社では、インターネット黎明期からリモートワークや複業など、時間や場所に縛られない多様な働き方を実現してきました。また、IT企業として日々、多くのツールを比較検討し利用しています。御社にとって、最適な働き方・人事制度やツールをご紹介します。

運営会社

株式会社ガイアックス

https://www.gaiax.co.jp/
ガイアックスは、人と人をつなげるのミッションを実現するため、ソーシャルメディアとシェアリングエコノミーに注力し、社会課題の解決を目指すスタートアップスタジオです。

EDGE株式会社

https://edge-inc.co.jp/
ITの力でコミュニケーションを円滑にし、社内の人と人の関係性を高めるプラットフォームを提供することで、企業の人事課題の解決、そして、「人が、もっと輝ける」社会の実現を目指します。

Back To Top