skip to Main Content

Slide 当たり前にとらわれず、自社らしく成長するための働き方や組織づくりを応援するサイト 「今までこうだったから」ではなく、自社のカルチャーやビジネスモデルにあった次世代の働き方についての情報を発信していきます。

2020年11月09日 BRIGHT AT WORK〜ティール組織の研究者と実践組織が作り上げた 対話と自律型組織を促すTeam Journey Supporterとは?〜

コロナ禍のなかでリモートワークが普及し、セルフマネジメントや自律型組織への注目度が高まってきました。また、対面でのやりとりが減ったことにより、それに代わるコミュニケーションのあり方を各企業が工夫しはじめています。 そんな中、2018年に出版された『ティール組織』は再び注目を集めています。今年に入り累計10万部を突破しており、関心の高さが伺えます。 Team Journey Supporter( https://team-journey-supporter.com/ )は、自律型組織とも言われるティール組織の理論に基づいて開発されたサービスで、『ティール組織』の解説者である嘉村賢州さんと出版元である英治出版、本の出版以前からティール組織に近い形態で組織運営を行っているガイアックスの3社で共同開発をしました。 日本では「ティール組織」という理論が知られるようになってから2年程度ですが、普及スピードに対して、まだまだ誤解されがちです。 嘉村さんは「ティールは目指すものではなく、自然になるもの。」と語っています。 ※参考:嘉村賢州さんインタビュー記事 https://eight.career/article/teal-kamura/?fbclid=IwAR1R0pnJNY8J5V-KQnrLwfF_MKn3UGSGjXrDml3nKGGvb_FWtIVep--RyeM Team Journey Supporterは、「メンバー同士の対話」を重視し、それぞれの「組織・チームらしい進化の旅」を目指して開発されました。 今回のイベントでは、Team Journey Supporterの制作に関わった嘉村賢州さんと下田理さんにサービスの概要と開発秘話をお伺いします。モデレーターは、オンライン1on1サービス「YeLL」で注目されるエール株式会社代表の櫻井将さん。 3人のお話から、これからのチームと組織のあり方について探っていきます。

Back To Top